夜中に高熱になって、40℃ほどまで上がって健康状態が悪かったので、次の日に病院に行きました。結果、インフルエンザの検査が受けられますよと尋ねられました。

万が一、インフルエンザだったら、それに効能のあるお薬を処方してもらえるので、確認したいと念じました。俗にいう乳製品以外にも、乳酸菌が入った食品があることを知り、乳酸菌て何だろうと調べてみました。

いろいろ検索し、そしたら、乳酸菌は乳酸の菌ではなくて、化学反応を起こして乳酸を作り出す菌類をそう呼ぶのだそうです。

これは世間での常識ですか?30年余り生きて来て、知らなかった事実を発見です。

乳酸菌が身体に良いということはよく知られている事実ですが、一方で効かないという説もあります。これについても事実かもしれません。なぜかというと、それぞれ個人差がありますし、結局、乳酸菌はあくまでも菌であるため、絶対に、効果が期待できる薬ではないからです。一度試して自分に合うかを確認してから判断するのがよいです。便秘に効くツボで有名なのは、へそ周りの端から指2本分くらい離れた、ある天枢(てんすう)であります。

後、へそ下5cmくらいの場所にある腹結(ふっけつ)と言われるツボも効くと思います。

手首にも支溝(しこう)と外関(がいかん)というツボが存在します。

便秘の種類によっても、効果があるツボが違うので、ピッタリのツボを押すと改善が見られやすいでしょう。

便秘に良い食べ物は、水分や食物繊維、乳酸菌が豊富な 、発酵食物などであります。頑固な便秘の人は、便が固く腸内に滞留した状態になってしまいがちです。この状態を消えさせて、お通じを出やすく柔らかくするため、まず、水と食物繊維を摂取しながら乳酸菌などで腸内を整えるのが良い方法でしょう。

特に便秘をなくすのに効果的だといわれているのが、乳酸菌が摂取できるサプリです。

おなかの調子、環境をちゃんとすることの重要性は頭に入っていても、ヨーグルトや乳酸菌飲料が好きではないという人も大勢います。

後、毎日乳酸菌が入った食べ物を食べるのはたやすくありません、サプリメントなら、お手軽かつ確実に乳酸菌を摂取することが可能ですので、便秘の解消に役立ちます。

今、インフルエンザの感染がわかると学校などへの出席が5日間禁止になります。

インフルエンザに感染した際でも、発熱は2、3日で治まるので、いきたくなってしまうかもしれません。たとえ熱が下がっても、セキやくしゃみなどにはまだウィルスが残っており、第三者にうつしてしまう可能性があります。ですから、出席停止の期間は家にいることが集団感染しないためには重要なことです。

便秘になってしまったとしても、薬に頼れば簡単に、解消できると思いますが、薬に頼ってばかりなのはダメなので、、食生活を見直してみてください。

例えば食物繊維が多く含まれた食品を摂取することがよくって、不溶性と水溶性の2種類の食物繊維をバランスよく摂ることが大切です。野菜やきのこ類、海草類を積極的に摂りましょう。私には乳酸菌サプリと言えば、真っ先に頭に浮かぶのはビオフェルミンです。

昔からあったサプリメントであり、下痢だったり便秘だったりはたまた腹痛だったりした時も、変わることなく私のお腹を守ってくれていたのでした。

「人には人の乳酸菌」とCMのセリフでありますが、個人的に効果を期待できる乳酸菌サプリはビオフェルミンです。

母は重度のアトピーです。

遺伝していたようで、私もアトピーを発症してしまいました。

皮膚がボロボロになって、日々保湿を欠かすことができません。スキンケアをしっかりしないと、外出もできなくなってしまうのです。

母を責めるわけではないのですが、いつか、私の子供にも遺伝してしまうのかと思うと、恐ろしくなります。

便秘にいい食物を毎日食しています。

ヨーグルトです。毎朝食しています。

ずっと、頂いているうちに、最近、便秘が良くなってきました。

あれほど頑固で、ひどかった便秘が治って便秘薬を飲む必要がなくなりました。今ではポコッとしたお腹も、へこんできていて嬉しいです。

アトピー性皮膚炎は非常にきびしい症状になります。

季節を問わず一年中我慢しがたいかゆみとの格闘になります。

夏はどうしても汗をかくのでかゆみが増し、冬場になると今度は乾燥でかゆみが増します。また、食べ物アレルギーを持っていることも多く、間違って食べてしまうと、かゆみだけで終わらず腫れたり、呼吸が困難になってしまうこともあります。

お通じが悪くなると、体に必要ではないものが体内に残ったままになるため、口臭が感じられるようになります。

いくら食後のたびに歯磨きをして、歯のすきまの掃除、洗浄液で口内をきれいに保っても、お口の臭いは腸から胃をたどっていらないものを取り除こうとし、口臭の原因になるのです。

この時、便通が改善されると、口臭もしらずしらずのうちに無くなると言われています。

ヨーグルトは便秘によく効くといわれますが、私の経験によると、たくさん食べないと、大して、効果が感じられない気がします。

1日につき1パック位食べて、やっとお通じがあります。

ヨーグルトを食べるのが好きな人はいいですが、抵抗がある人も、ジャムを入れて味を変えるなどしてなるべく食べるようにするといいかもしれません。実は、最近の研究でインフルエンザの予防のためには乳酸菌は効果が高いということがはっきりとわかってきました。

実際、インフルエンザというのはワクチンだけで全て防ぐことはできません。

日頃から乳酸菌をしっかり取り入れることで免疫力が上がって、インフルエンザの予防となったり、症状を和らげる効果が高くなると言われています。インフルエンザの予防として乳酸菌が効果があるといわれています。

およそ1年前に、テレビで乳酸菌が豊富なヨーグルトを子供に食べさせたところ、インフルエンザになる児童の数が大きく減ったという番組がありました。私の子供が受験の時期だったので、それから、ずっとヨーグルトを食べさせています。乳酸菌が腸までたどり着くタイプのヨーグルトが最もいいそうです。私は先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、小さい頃は、「親虐待を受けてるんじゃないか?」と疑われる程、痛々しい姿でした。

ありったけの方法を試してみても、殆ど、効果がなかったのに、住む場所を変えたところ、信じられないくらい肌がキレイになり、痒みもなくなりました。思いきりよく環境を変えるのも、アトピーに効果的かもしれません。

毎日摂取している乳酸菌のおかげで、たいへん健康になってきました。朝起きたら毎日欠かさず、ヨーグルトを食べることにしています。ヨーグルトは工夫次第でいろいろと味を楽しめますし、便秘にならずにすみます。

乳酸菌をきちんと摂ることに決めてから、お肌の調子も良くなって、ダイエットにもなりました。

アトピー性皮膚炎を患っている方の角質層はセラミドという成分が通常の皮膚よりも減少していて、お肌のみずみずしさやバリア機能が少なくなっています。

これを補い正常に戻すには、保湿することがとても重要です。

それ故に、お肌の表面を保護して、水分が蒸発しないように保湿剤を使う事が必要なのです。

実は、オリゴ糖は乳酸菌の増殖を助ける成分としてクローズアップされています。オリゴ糖を添加された乳酸菌の働きはアクティブになり、腸内の悪玉菌の増加量を減少させ、腸内環境を正常な状態に近づけてくれます。乳酸菌とオリゴ糖はどちらも腸の機能を良くしたり、健康を維持したりするには欠かしてはならない重要な成分であります。

カテゴリー: 気になる評価口コミ

関連記事

気になる評価口コミ

アトピーは乳酸菌の性質により、症状の改善に役

アトピーは乳酸菌の性質により、症状の改善に役立つ可能性があるのです。腸 続きを読む …

気になる評価口コミ

スムージードリンクはどんなときに飲むのが効果があるの

スムージードリンクはどんなときに飲むのが効果があるのでしょう?酵素入り 続きを読む …

気になる評価口コミ

病気のインフルエンザに感染してし

病気のインフルエンザに感染してしまうと学校などには、5日間出席できなく 続きを読む …